沖縄独立を夢見た伝説の女傑 照屋敏子



沖縄独立を夢見た伝説の女傑 照屋敏子おもてなしの経営学 アップルがソニーを超えた理由 (アスキー新書 55)アフィリエイトではじめる!ホームページウハウハ副業生活はじめてのプチショップ―ブログ+アフィリエイトでできる!プチ起業にぴったり!!アフィリエイト達人マニュアル―憧れのセレクトショップを資金0円でお気軽に開店!主婦もかせげるアフィリエイトで月収50万 パソコンひとつで成功!のコツおじいさんは山へ金儲けに―時として、投資は希望を生む (幻冬舎文庫)パーフェクトFP技能士3級対策問題集 実技編 個人資産相談業務〈2006年度版〉ドロップシッピングではじめるかんたんネットショップ 改訂3版―在庫も元手も不要、アフィリエイトの倍稼げる!ネットで稼ぐ発想術


沖縄独立を夢見た伝説の女傑 照屋敏子
沖縄独立を夢見た伝説の女傑 照屋敏子

ジャンル:
セールスランク:91875 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,575 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

照屋敏子の魅力が今ひとつ伝わってこない

沖縄の女傑といわれる人については過去に奥野修司の「ナツコ」がある。
高木凛の本作も時代は少しずれるが(ナツコとの接点が一箇所あり)、
糸満出身の男勝りの女性が南洋貿易に乗り出したりさまざまな事業に乗り出したりして
沖縄復帰のシンボルのようにマスコミ(大宅壮一ら)に採り上げられていく様を描く。
しかし著者は敏子に心酔しているようで、大宅らが持ち上げた敏子の像を解体するわけではない。
家族や関係者の取材もどこか控えめで、敏子の沖縄独立構想が具体的にどのようなものだったのか、その規模や実行の程度も見えてこない。
もっとも残念なのは、最後まで敏子の魅力が今ひとつ伝わってこなかったところか。
沖縄独立の夢と現実

 沖縄について読むことは、楽しみでもあり哀しみでもあります。
 憧れとともにこれまでの歴史の重さを感じないわけにはいかないからです。

 これまでにもいろいろな沖縄関係のものを読んできました。が、この本は、
また沖縄の別の一面を教えてくれました。いわば、庶民からの視点と言って
いいかもしれません。
 照屋敏子は、いわば「名士」の家の嫁になりましたから、一般庶民という
のとはすこし違うかもしれませんが、南方で儲けた財産をすべて無くすなど、
想像を絶する苦労を重ねてきました。もちろん、戦後の食うや食わずの時代
もくぐり抜けてきました。
 そんな生き方から生まれた「沖縄独立」。そのための経済基盤を持つため
の闘争。敏子は確かに実業家だったのです。
 走り続けなければいけなかった敏子の生涯に、敬意を表したいと思います。

 ところで、沖縄独立をどの程度まで本気で考えていたのか。政治的なもの
をどうしようとしていたのか。そのところが良くはわかりません。本の中に
も書かれていますが、生涯を通してこの点について系統的に語っていたわけ
ではないのでそれは不明です。『独り立ちするためには経済的な基盤を持た
なければならない』という、今日でも一般的な発想だけがベースだったのか
もしれません。それでも、次から次に事業を起こしていく姿は圧巻です。

 減点するほどの理由ではないのですが、話題の時間軸がとどこどころで急
に前後します。ちゃんと読んでいれば良いのでしょうが、読み返すところが
ありました。また、著者は敏子という人に惚れてしまっているのでしょうね。
惚れた人については、ときどき、冷静には書けないようです。



小学館
ナツコ 沖縄密貿易の女王―沖縄密貿易の女王 (文春文庫 (お28-2))
墜―沖縄・大学占領の一週間
藤木勇人の沖縄妄想食堂―食べるよりウマい!読むウチナー料理
ハイサイおばあ!
煙る鯨影