おもてなしの経営学 アップルがソニーを超えた理由 (アスキー新書 55)



沖縄独立を夢見た伝説の女傑 照屋敏子おもてなしの経営学 アップルがソニーを超えた理由 (アスキー新書 55)アフィリエイトではじめる!ホームページウハウハ副業生活はじめてのプチショップ―ブログ+アフィリエイトでできる!プチ起業にぴったり!!アフィリエイト達人マニュアル―憧れのセレクトショップを資金0円でお気軽に開店!主婦もかせげるアフィリエイトで月収50万 パソコンひとつで成功!のコツおじいさんは山へ金儲けに―時として、投資は希望を生む (幻冬舎文庫)パーフェクトFP技能士3級対策問題集 実技編 個人資産相談業務〈2006年度版〉ドロップシッピングではじめるかんたんネットショップ 改訂3版―在庫も元手も不要、アフィリエイトの倍稼げる!ネットで稼ぐ発想術


おもてなしの経営学 アップルがソニーを超えた理由 (アスキー新書 55)
おもてなしの経営学 アップルがソニーを超えた理由 (アスキー新書 55)

ジャンル:
セールスランク:1532 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 790 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

「上を見て」仕事をするな、「天を見て」仕事せよ

ワタシは、氏のブログを読んだことはないのですが、結構おもしろかったです。
レビューのタイトルは、後半の対談で中島氏が語る言葉ですが、この辺が、
日本企業の組織の中の歯車として生きていくのと、その対極として、生き馬の目を
抜く、ハイテク、シリコンバレーで、自分の存在と成功と仲間での成功を目指して
仕事をしていく人種の違いなのか?そんなことを強烈に印象づけられる、おもしろい
視点の本でした。

グーグル、アップル、ソニー、マイクロソフト、IBMや、その他、ハイテクベンダー
の名前が登場しますが、第一章で、はやりの、ユーザ・エクスペリエンスを「おもてなし」
という経緯は興味深かったです。

アスキー、マイクロソフトで働き、ハイテクの潮流の、まさに中心で生きていた氏
が語る、産業の世代交代、IT成功モデルの交代劇の分析は、一種、梅田氏の一連の著作と
通じるものもあり、この業界の栄枯盛衰と、しかし、磐石にも思えるグーグルの今後
の不安も、なるほどと読める、業界ものでもあります。

どの産業にしろ、ビジネス社会で生きていくうえで、硬くない対談も含めて、
一度読んでおいて損はない佳作です。

ただ、ちょっと昔の最盛期や、自分たちのやってきた仕事を、なつかしむくだりも
対談などには特に、多く登場し、その時代を知らない若い世代は、ちょっと
辟易するかもしれないな、とも思ったりしました。
著者のこれまでの人生が延々と語られていることが,読んでいて不満といえば不満だった。

 私は本を読んでいて感銘を受けた箇所は本の角を折るようにしている。この本を読み終わって,それが一つもないことに気が付いた。最近では珍しいことである。なぜ,そうなってしまったのかは明確にはわからない。しかし,この本を読み終わって,「内容が軽い」という印象を受けたことがその一因であろう。確かにアップルやソニーのことについて触れられているのだが,今まで私が読んだ本以上のことは特に書かれておらず,雑誌を読んでいるような感覚であった。参考になったことといえば,私は中島聡という人物を知らなかったのだが,彼がウィンドウズのGUIの開発をされていたこと。純アメリカ産と思われていたウィンドウズに日本人がこんなにも深く関わっていたのかと驚いた。ただ,この本というのはまるで中島聡氏の自叙伝のような構成になっており,彼がマイクロソフトでどのように活躍したのか,なぜマイクロソフトを退社したのかというエピソードが多く綴られている。確かに読んでいて面白いのだが,しかしこちらはそれが知りたくてこの本を購入したわけではない。結局著者のこれまでの人生が延々と語られていることが,読んでいて不満といえば不満だった。そのため,内容も1990年代から2005年頃のものとなっており,古めかしい。また,著者の言っていることも理解はできるが,33歳の私にはジェネレーションギャップを感じ得なかった。著者自身が述べている「何か新しいもの」こそが私の知りたいものであったが,それに関してはそのヒントすら書かれていない。そういう意味で,この本から新しい発想が生まれことはなかったのが残念。
ウェブ2.0ブームとひと味違うIT現場からの発言

 中島さんが本書で教えてくれるマイクロソフトでのソフトウェア開発の主導権争いの生々しいエピソードは初耳でした。
 マイクロソフトの製品開発に深くコミットしていた日本人がいた、ということがまず驚きです。
 もっとびっくりしたのが、西村ひろゆき氏との対談でグーグルの弱点を指摘していること。西村氏の「僕はグーグルにしかない価値が何なのかわからない」という評価に対し、中島さんも
  「グーグルは検索で、1本ホームランを、打っただけの会社だからね」
と返していました。

 なんなんだ、この中島という人は!
 私は中島さんを全く知りませんでしたので、斬新な発言に驚くばかりです。

 自他共に認めるソフト作りの才能を、中島さんはユーザーインタフェースを使いやすくすることに注ぎこみます。

 経営を考えて技術的な決断をし、リーダーシップ示すこと。ビル・ゲイツならどう考えるかを想像しながら技術の舵取りをし続けたことを評して、対談者の一人である梅田望夫さんは、「中島さんはゲイツ・クローンだった唯一の日本人というわけですね」と言っています。

 そんな中島さんが、ビル・ゲイツとの路線の違いからマイクロソフトを退社し、自分の会社を興して新しい挑戦をはじめました。おまけに、忙しい時間の合間にMBAを取るための勉強を開始しています。

 そこまで頑張る理由を梅田さんに尋ねられ、中島さんは次のように答えました。
  もしかしたらエンジニアは30歳までという「30歳引退説」かも
  しれません。あの言葉が人生のライバルになっているような気
  がしますね。

 ウェブ2.0ブームとひと味違うIT現場からの発言は、新鮮です。
 今までにないインターネットの将来像の見方を教えてくれるかもしれません。

マイクロソフトの内情に面白さ

ゲイツ率いる当時のマイクロソフトは、目的が「勝つ」。

対して、
ジョブズ率いるアップルは、製品に”ソウル(魂)を吹き込む”こと
だそう。

どちらが正解ではなく、スタイルや傾向の違い、だと思うが
その時代に受け入れられ、多くの人々に長く支持してもらうことが
答えのように思う。

ゲイツの言葉に「こんないい物を世界に広げたい」と、あったように
思うが、そのための手段は、かなり戦闘的なシェア拡大策ものだったの
かもしれない。
拡大期のマイクロソフトが社員の個性重視よりも、高度成長期の
日本企業のような軍隊的効率化集団
かのように感じれれたのが面白った

著者のブログはこれから読んでみたい
ブログの熱烈ファン以外には価値の高い本

中島さんのブログの熱烈ファンの間では「ブログ記事の寄せ集め」としてあまり評価は高くないが、中島さんのブログを読んだことがない人、また僕のようにたまにしか読まない人にとっては非常に価値の高い本だと思う。
だいたい優れたブログの書き手がたくさん現れてきたので、面白いブログを全部読めるはずがない。こんな風にブログのエッセンスをまとめてくれるのは非常にありがたい。これからもこんな感じで人気ブログをどんどん新書にしてほしいと思います。
この本はいろいろな読み方があるのかと思うが、僕自身は中島さんのこれまでの生き方や現状認識に学ぶことが多かったです。
http://it.blog-jiji.com/0001/2008/03/post_ca66.html



アスキー
パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)
ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!
小飼弾のアルファギークに逢ってきた [WEB+DB PRESS plus] (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)
私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))
アップルの法則 (青春新書INTELLIGENCE 195)