ああ、堂々の自衛隊 (双葉文庫)



D22 地球の歩き方 アンコールワットとカンボジア 2008~2009 (地球の歩き方 D 22)旅の指さし会話帳〈19〉カンボジア (ここ以外のどこかへ!)ああ、堂々の自衛隊 (双葉文庫)アンコール・ワットを読むNHK探検ロマン世界遺産 アンコール遺跡群(カンボジア) (講談社DVD BOOK)あなたのたいせつなものはなんですか?―カンボジアよりCDエクスプレス カンボジア語ポル・ポト―ある悪夢の歴史カンボジアの子どもたち―遠藤俊介写真集世界遺産 アンコール遺跡の光 (小学館文庫)


ああ、堂々の自衛隊 (双葉文庫)
ああ、堂々の自衛隊 (双葉文庫)

ジャンル:
セールスランク:99148 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 610 (税込)

ご購入前のご注意
当ホームページはアマゾンウェブサービスにより運営されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

自衛隊に対する認識が180度変わった本

 テレビや新聞がわれわれに伝えていない重大な情報がいかに多いかということがわかった。国会で武器の不携帯を決めたことがいかに非常識であったかも。この時点では私は自衛隊に同情する。無事に帰ってこられたが、Mission Immpossibleだよ。現に警察官とボランティアの学生の日本人2人は犠牲になったしね。マスコミがわれわれに与えてくれる情報がきちんとしていなければ、自衛隊を派遣するだの撤収するだの正しい判断できないでしょう。リスクを犯しての海外派遣は不要だと思っていたが、海外派遣の意義を十分認識した。(自衛隊に情報操作されているような気もするが・・・。)
 著者の活躍武勇伝ももちろん面白いのだが、上述のことのほうがはるかに重要で得るところが多かった。カンボジアで自衛隊が何をしていたのか、テレビや新聞では全くわからないもの。
多くを語らぬ戦士を代弁する不肖の憤激

PKOとしてカンボジアに出向く自衛隊の奮戦ぶりを描いた不肖・宮嶋93年発刊の
処女作。呉港からコンポンソム港までの輸送艦「みうら」乗艦記と、タケオ基地門
前での張り込みを敢行して、おとぼけ突撃取材に当たる二部構成となっている。

カンボジアPKOを巡る報道について当時の記憶をたどると、カンボジアがいかに
危険極まりない地域かを煽り、マスコミは自衛隊の一刻も早い帰還を促していた。
だが不肖の報じる真実はそれと異なる。タケオ周辺はいたって平和であり、隊員
たちは過酷な労働に従事しながらも、人間らしい生活を送っていた。不肖は大マス
コミの殿様取材とは一線を画し、汗と泥にまみれながら日々現地のために格闘する
隊員たちと苦楽をともにして生の声に当たる。そこから垣間見える我が国の病弊。
それが如実に現れたのはピースボートご一行が見学にやってきた際である。化粧を
施し、香水の匂いを漂わせた面々が隊員たちを糾弾する光景。それは冗談のような
現代日本を象徴する一枚絵図である。隊員への愛情溢れる不肖の血の叫びを聴け。
宮嶋さん、テレビに映ると貫禄あるけれど・・・

まず、宝島文庫の『まれに見るバカ女』という本で、サヨクウォッチャー中宮崇氏の辻元清美氏について書かれてる項でこの本の事が挙げられていたので、興味を持ちました。
辻元氏率いるピースボートがカンボジアにやってきて、PKO活動で頑張ってる自衛隊員に嫌がらせめいた(というより、完璧嫌がらせだが)接触をしてきたという記述に、これは読まないと!と、思い、購入。
中宮氏の辻元批判は、それまで知る事も無かった「日本人による反日活動」ということに関心を持つようになるほど(反日活動をやりたくなるという意味じゃないですよ・・)激しいツッコミ文でしたが、これが宮嶋氏の文では、わき上がる怒りと大和魂をユーモアで包み込み、「男は度胸と哀愁や!・・そして下ネタ(笑)」の如くオチで笑わせてくれています。
下ネタ、汚物ネタ結構ありますが、これがまたすこぶる面白く、紛争地域や無政府地帯などで危険を省みず命がけの仕事をなさっているのね・・・ということを微塵も感じさせない文体で、結局宮嶋ファンになってしまいました。
辻元ピースボートや、平和をこよなく愛しているらしい市民連合さんの活躍っぷりを読んでみたい方も必読です。
宮嶋さん、テレビに映ると貫禄あるけれど・・・

〜まず、宝島文庫の『まれに見るバカ女』という本で、サヨクウォッチャー中宮崇氏の辻元清美氏について書かれてる項でこの本の事が挙げられていたので、興味を持ちました。
辻元氏率いるピースボートがカンボジアにやってきて、PKO活動で頑張ってる自衛隊員に嫌がらせめいた(というより、完璧嫌がらせだが)接触をしてきたという記述に、これは読まないと!と〜〜、思い、購入。
中宮氏の辻元批判は、それまで知る事も無かった「日本人による反日活動」ということに関心を持つようになるほど(反日活動をやりたくなるという意味じゃないですよ・・)激しいツッコミ文でしたが、これが宮嶋氏の文では、わき上がる怒りと大和魂をユーモアで包み込み、「男は度胸と哀愁や!・・そして下ネタ(笑)」の如くオチで笑わせてく〜〜れています。
下ネタ、汚物ネタ結構ありますが、これがまたすこぶる面白く、紛争地域や無政府地帯などで危険を省みず命がけの仕事をなさっているのね・・・ということを微塵も感じさせない文体で、結局宮嶋ファンになってしまいました。
辻元ピースボートや、平和をこよなく愛しているらしい市民連合さんの活躍っぷりを読んでみたい方も必読です。〜
自衛隊の権限強化と危機意識の向上

自衛隊へのイラク派遣に賛成か反対かの議論を行い、イラクへ自衛隊を派遣することに意義があるかどうかの議論が必要となる。麻原彰晃被告らオウム真理教が起こした1995年3月20日の地下鉄サリン事件のような大量破壊兵器によるテロに備えて、自衛隊の権限を強化して、首都圏などテロリストに狙われやすい地域を保護していく必要がある。日本はアメリカに守ってもらっていると言う安易な意識ではなく、日本は日本で守らなければ誰も守らないという危機意識が必要である。



双葉社
不肖・宮嶋 史上最低の作戦 (文春文庫PLUS)
不肖・宮嶋 死んでもカメラを離しません (祥伝社黄金文庫)
不肖・宮嶋空爆されたらサヨウナラ―戦場コソボ、決死の撮影記 (祥伝社黄金文庫)
不肖・宮嶋南極観測隊ニ同行ス (新潮文庫)
不肖・宮嶋のネェちゃん撮らせんかい! (文春文庫PLUS)