能力構築競争-日本の自動車産業はなぜ強いのか 中公新書



ドライビング・メカニズム―運転の「上手」「ヘタ」を科学する能力構築競争-日本の自動車産業はなぜ強いのか 中公新書GMとともにMotor Fan illustrated vol.15 (モーターファン別冊)徹底図解 自動車のしくみ―自動車の基礎知識から、日常のメンテナンスまで (カラー版徹底図解)新型デミオのすべて (ニューモデル速報 (第393弾))Motor Fan illustrated VOL.3―図解・自動車のテクノロジー (3) (モーターファン別冊)アルトワークス専科 (学研ムック)新型スカイラインクーペのすべて (ニューモデル速報 (第400弾))FRPボディとその成形法


能力構築競争-日本の自動車産業はなぜ強いのか 中公新書
能力構築競争-日本の自動車産業はなぜ強いのか 中公新書

ジャンル:
セールスランク:22539 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,008 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

この論を卒業する必要

自動車産業の研究で有名な藤本先生の論考の総まとめのような本。近年「自動車は摺り合わせ型製品だから日本企業は強い」という言い方を一般のビジネスマンでもするようになったが、これは藤本先生の功績が大きいと思う。だから本書を読んで「新味がない」と思ってもそれは筋違い。これが出所なのだから。

だが、今読むと(3年たっただけだが)、もう十分に切れなくなっていると思わざるをえない。本書のフレームワークでは、マーケティングと製品開発プロセスが一体化したセルシオの意味を論じることもできないし、グローバル調達の今後を論じることもできないし、今後の再編の様々な可能性を考えることもできない。それではあえてフレームワークを用いる意味が薄い。

それが何故かと考えるに、本書が「深層の競争力」として把握する企業活動の範囲が、完成車の設計・製造にとらわれすぎており、しかも設計・製造のプロセスを、「設計情報の転写プロセス」という単一階層プロセスとして記述していることに原因があると思われる。産業全体を「システム」としてとらえないと、議論に無理が生じると思われる。

本書の議論を古典として踏まえつつも、我々は次のステップに進む必要がある。
レポート参考書としての実用性には疑問

自動車産業関連の授業のレポートの素材として利用しました。読めないことはありませんし、面白いとも思います。しかし、日本のもの造りの強さをここまで難しく説明しなくてもいいんではないかと思います。要は、日本の自動車産業は経済的要因に左右されず地道に生産・製品開発で努力してきた。それが日本の企業風土と相性がよかったため欧米企業はキャッチアップに苦労した。しかし、そうした努力が最終的な利益に結びつきにくい点が問題である、ということなのでしょう。著者独自の理論という方向性が強すぎて、言葉遣いになじみにくい点がありました。なお、本が分厚いのは、同じことを繰り返し言っているからです。理解しにくいと思ったのは私がアホだからなのでしょうか?
現場が見えない

この本は内容が豊富でありこの価格からするとお買い得と感じた。
こういった自動車産業の強さを概観するには読む価値を感じる。
だが一方で、内容に新鮮味があるわけでなく、著者の視点のみからによる解説/評論に終わってしまっているのが惜しい。

例えば、競争を表層と深層に分類するのはひとつの着眼点と言えるが、それぞれの強さ弱さについての論は、事実の記述は納得できても、著者の論となると説得力に強さがあると言えない。また、内容の記述は既に世間に流布されているものがほとんどであることも新鮮味を損なっている原因の一つと思われる。

結局、現場経験の無い評論家の論の感が否めず、実際に現場にいるものからすれば「常に不断の努力が必要である」以上の内容を感じ取る事はできなかった。
新書にしては異様に分厚く読み応え十分,日本の全産業の道しるべたる優書.エセ経営幹部に

日本の自動車産業はなぜ世界的に強いのか,という素朴な問いに引きつけられてこの本を読み始めたのだが,著者30年の研究成果の含蓄はずしりと応える.アメリカのコンサルタントがモノにするようなスマートな概念構築と変わり身の早い目先の追求とは全く異なり,まさに日本的な愚直で地道な探求が生んだ「能力構築競争」.これこそ,コンサルタントの受け売りで社内に害毒を流すエセ経営幹部に読ませたい本である.

 競争は表層だけではなく深層でも行われている.それがこの能力構築競争である.経営基盤競争と言い換えても良い.目先の表層の競争力ばかりに目が向いていた昨今のコンサルタントや経営者に言って聞かせたい内容である.この競争は長期にわたり戦われる.自動車産業の場合,その期間はすでに30年をゆうに超えた.これからが正念場だ.
トヨタの強さ

この本は、日本の製造業最強の会社、トヨタ自動車を例に能力開発競争
、つまり工場での生産性向上の根源とは何かに迫ったものである。日本の自動車の弱みであるブランド力はおいておいて強さの秘密である現場の改善能力の根源とは何か?またなぜ他の製造業も同じような現場での改善を行ってきたのに自動車だけが競争力で世界を席巻できたのかを

モジュールなどの産業構造の比較から紐解いてゆくなど興味深い話題満載である。
これから就職活動をむかえ、自動車業界に興味のある方は一読を薦める。



中央公論新社
日本のもの造り哲学
ものづくり経営学―製造業を超える生産思想 (光文社新書 293)
ビジネス・アーキテクチャ―製品・組織・プロセスの戦略的設計
日本のモノづくり58の論点―持続的繁栄を築く思想
生産システムの進化論―トヨタ自動車にみる組織能力と創発プロセス