英会話学校に行かない人ほど、うまくなる



新装版 英会話8秒エクササイズ英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉英会話1000本ノック中学英語で言いたいことが24時間話せる!〈Part1〉―秘訣初公開場面別 会社で使う英会話―きちんとしたビジネス英会話を学びたい人向けの本 (CD book)スティーブのムービーブック 英会話ペラペラトレーニング − スティーブ流フラッシュカード方式で身につける英会話の基礎の基礎 [CD-ROM1枚+CD1枚付]オバケの英語72パターンに+αで何でも話せる英会話 (アスカカルチャー)英会話学校に行かない人ほど、うまくなるふしぎの国のアリス (別冊宝島 1470 名作アニメで英会話シリーズ 1)


英会話学校に行かない人ほど、うまくなる
英会話学校に行かない人ほど、うまくなる

ジャンル:
セールスランク:8098 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,680 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

学習法の本というよりも啓発書

本書で得られた教訓は以下の三点。

一、短期間で劇的に効果がでるような英語学習教材は存在しない。
二、英語を習得する最も確実な方法は英語の勉強時間を増やすこと。
三、英語をモノにするには、自分のレベルにあった勉強を
地道に続ける以外に道はない、ということ。

本書で述べられていることは至極まっとうなことだし、
楽して英語を習得できるかのような幻想を取り払い、
英語学習に対する読者のモチベーションを確かめる、
という点ではそれなりに意味がある。

だが、本書で述べられる英語学習法は全く不十分。

また、他の人も書いているように、この程度の内容で
1600円は高すぎる。あえて買うほどのことはない。

英語学習法としてなら、『英語上達完全マップ』
あるいは同名のHPを読んだ方がよい。
一般社会人英語学習者の救世主!

著者は、1日3時間程度は英語の勉強しないと英語習得は無理!と断言していますが、その根拠は非常に納得できるもの。「そんな時間はない」と言う人は、これから無理に英語の勉強をする必要がなくなり、時間を有意義に過ごすことができますね。

私も納得できたのが、もし海外在住の外国人が日本語を習得したいと思っているとして、その人が、週に2、3回日本語学校に通っていても日本語が上手くならないし、理解できないと言った場合、現実的に考えてその程度の学習で日本語が理解できるわけありませんよね。また毎日30分とか1時間で英語が話せるようになるような教材やカリキュラムがあるなら、1日4時間勉強すれば4カ国語から8カ国語が話せるとうことになる。あり得ない。まあピーターフランクルさんのような天才ならまだしも、凡人には絶対に無理。

私ももし、真剣に日本語を習得したいという外国人にアドバイスするとしたら、最低でも毎日2、3時間は日本語の勉強をしないと無理だと言うでしょう。

そしてこの本は2、3時間の勉強する場合の英語勉強方法を具体的に提示している。立派なノウハウが提供されているので、十分に価値はあると思います。

星5つにしなかったのは、「英語は絶対勉強するな」を彷彿させる、ちょっとウケ狙いすぎのの本のタイトル。自分自身も英会話学校を主宰しているのですから、あきらかに矛盾している。まあこれは個人的な観点ですが。
少し当たり前だが、そうこう言っているうちに勉強しなければ。

英語の勉強法などを読み漁っている人にとっては、内容は薄いです。語彙は覚えるな、留学では英語は伸びない、リスニングだけやってもリスニングは上達しない、など確かに学校英語で教育されてきたものに対する批判や英会話学校や英語教材業界に対する批判が多いです。

そればかりやってきたのに伸びない理由などが書かれていて、実際にそんなのは役に立たないことが筆者の経験から綴られています。

はっきり言って、、、英語のドラマを見れば生きた英語を習得できる。一日30分ほどでは英語もそこまで上達しない。英会話学校に行っても、結局は自分次第。単語集で覚えてもすぐに忘れる。ってなことぐらい知っている英語従事者にとって、最大の原因はそれを続けていない、そのモチベーションを維持できていないということだと思います。そこの部分が「1日30分」で綴られているので、そちらの方が効果的なのかという印象です。このレビューを書いている暇があったら英語をやれよと自分に言い聞かせたくなります。

勉強教材はいろいろ書かれていましたので参考になりました。
面白いです

こういう考え方もある、ということを知る意味で面白い英語学習アドバイス本だと思います。
「Friends」を具体的に教材として挙げるなど実際的なところもいいと思います。

ただ、ご自身では2日間で10万円近くもする発音講座を開催されていながら、本書では「2週間で英語が聞き取れるようになれる」講座に対する否定的なコメントをされているのは。。。。

あとは1600円はちょっと高いような気がします。
読む価値はあると思います。
「結局は、本人のやる気と努力次第」

前半は英語学習の特性や意識の持ち方について、
後半はリスニング、スピーキング、リーディング、ライティング上達のコツについて書かれている。

著者は、英語習得には勉強にかける時間の絶対量が必要であり、
英語習得の先にある目標を明確にし、根気よく学習を続けることが上達の早道であると述べている。
とはいえ、多くの人にとって時間は一番短縮したいところであり、絶対量を確保するのは難しい。
だからこそ、「結局は、本人のやる気と努力次第」という言葉に集約されるのであろう。



ダイヤモンド社
日本の英語学習のホント・ウソ
「朝30分」を続けなさい!人生勝利へのスピード倍増!朝勉強のススメ
フレンズ I ― ファースト・シーズン DVD セット vol.1
フレンズ ― ファースト・シーズン DVD コレクターズ・セット vol.1
フレンズ〈ファースト〉コレクターズ・ボックス【DISC1~6】